• お問い合わせ
  • ブログ

    米国OOH業界団体とComscoreが実施した広告掲出後の消費者の反応調査では、OOHがTVCM、動画広告、ディスプレイ広告、ラジオ、印刷物よりはるかに効率的らしい

    Out of Home Advertising Association of America(OAAA)がComscoreと共同で5月に発表した、様々な広告フォーマットに対する消費者の反応調査は、16歳から64歳までの1,500人以上の消費者に対し、20223月に実施されたものです。
    スライド01
    調査では、2021年のOOH広告支出は広告費全体の4.1%しか占めていないにもかかわらず、OOHは他のメディアチャネルと同等以上の消費者行動を促進し、

    41%が検索エンジンを使用
    33%がソーシャルメディアで検索
    33%がウェブサイトを訪問
    30%が動画を検索
    21%がソーシャルメディアに投稿
    20%がオンラインで購入
    19%がアプリをダウンロード
    18%が動画を投稿 しています。
    スライド06
    OOH広告の価値を、消費者行動と広告費のシェアで比較すると、OOHのパフォーマンスは4.8倍から6.9倍となります。
    例えば、OOH広告が検索エンジンの使用において22%のシェアを占めていますが広告費のシェアでは4.1%のため、22% ÷ 4% x 100 = 530 index と、5.3倍の効率になるようです。
    スライド11米国と日本ではメディア価格も異なりますが、この調査の結論は、OOHは視認者数ベースでは他メディアと比べて低コストであるため、消費者に影響を与える手段として非常に効果・効果的である、というものです。

    OOH広告のパフォーマンスの測定が容易になれば、OOH広告への支出も増加しそうです。

    プログラマティックは測定を可能にするものですので、こちらの資料もご覧ください。

    Contact

    ご質問・お問い合わせはお気軽に
    ご連絡ください。

    お問い合わせはこちら

    8:30~17:30 土・日・祝・年末年始を除く